子どもの写真付きの年賀状にするなら会社の人に送るときは悩みます

付き合いがあれば写真付きは喜ばれますが、ビジネスの相手に写真がついたものを送ると疎まれる可能性が多いです。プライベートな付き合いがあるならば年賀状を送るとき写真でも構いませんが、仕事上だけの付き合いなら家族がどんな感じか、知りませんから写真を見せられてもうれしくないですし、出すべきでないと判断しましょう。年賀状を渡すときはお正月中に着かなければ失礼に当たります。遅くても松の内の間に着くように出しましょう。元旦までに渡すなら12月24日より前に出しておけば必ず届きます。落ち着いて新年を迎えるためには、ぎりぎりではなく少し早めに年賀状を作れば、焦ることはありません。良い年にするためには早めの用意を怠らないように注意してください。年賀状の文面にその年の間のありがとうの言葉を書くことがよくあります。お礼を言うときに知らずに書いてしまうのが去年という言葉です。普通の会話なら大丈夫でも、去るという言葉があるとお正月にはよくありません。同じ意味の言葉でも昨年、旧年の場合は意味合いも大丈夫で使えますから、もう一度読んで「去」があったらさっと取り除くため、、注意することを努力しましょう。
http://eikyu-datsumo-nedan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です